結婚式に招待された時!守るべき3つのマナー

結婚式の招待状を受け取った時

お友達から、結婚式の招待状を受け取った時はすぐに返信をしなければなりません。その理由は新郎新婦は結婚式に参加してくれる方たちの人数が分からなければ、結婚式の料理などの手配が出来ないからです。招待されるかた達のなかには、電話で参加することを伝えて返信ハガキを出さない方がいます。電話をして返信ハガキを出さなければ、新郎新婦たちは「電話では参加すると言ってくれたのに、何かあったのだろうか?」と料理の手配が出来ないのです。そのため電話で済まさずに、返信ハガキを早急に送ることが大事なのです。

結婚式のご祝儀で、気をつけるべきポイント

結婚式に参加されるかた達が悩む問題で、ご祝儀はどれほどのお金を包めばいいのか悩まれるでしょう。ご祝儀の相場としては2~5万円と言われています。しかし、2万円や4万円はお目出度い結婚式には避けたほうが良いと言われています。その理由は2万円や4万円は偶数なので「割れる」という意味で不吉な数字と嫌われてきました。それを避けるために5000円札を入れて、2万5000円か3万5000円を包めば問題ありません。

結婚式当日はマナーを守りましょう

結婚式会場に着いたら、受付で「おめでとうございます」とお祝いの言葉を述べましょう。その後で名簿に住所や名前を書いてから、ご祝儀を渡します。この時に気をつけて欲しいのは、バックなどから直にご祝儀を渡さないで、ふくさなどに包んで出しましょう。披露宴では、新郎新婦の挨拶を経てから乾杯をしますが、この乾杯をする前に料理や飲み物に口をつけるのはマナー違反になるので、気を付けてください。披露宴が終われば、新郎新婦などにお見送りをされるので、よほどの用事が無い限りは途中退席などないようにしましょう。

結婚式場を東京ですると、流行の結婚式を行うことができます。ウエディングドレスもいち早く流行が揃っています。

2016年4月23日