結婚式に招待されたらどうする?慌てないために気をつけること

結婚式に招待されたらどうする?

友人や知人、または家族や親戚の結婚の話を聞けば誰もが微笑ましく感じておめでとうと伝えることでしょう。けれどもいざ招待されたら、ご祝儀を用意しなくてはいけないし、着ていくドレスや服を考えているだけでも時間が経っていってとても悩まされます。もしも欠席をしなくてはいけないという時だと、どんな風に断ればいいのかとどちらにせよ頭が痛くなってきますよね。マナーに則ってきちんとお祝いが出来るようにしたいですね。

多くの人が頭を抱えるご祝儀

結婚式おめでとうといいながらも、お金を用意しなくてはいけないので内心ため息を付いていることが少なくありません。関係性にもよりますが、分かりにくい時には家族に相談してみてもいいでしょう。多すぎず少なすぎずというラインを考えるのが大変ですが、最近はご祝儀不要で会費制のパーティーにしている場合もあります。カップルによっても考え方は違いますので、参加を決めたらどんな風にしているのか良く確認をしておくと安心ですよ。

一つずつ焦らずにマナーを守る

結婚式の招待を受けたら、招待状に返信をしたりご祝儀を用意して服なども準備します。服も華やかにしつつ新郎新婦を引き立てられるようにしたりと頭をフル回転させなくてはいけませんよね。スピーチを頼まれる事だってありますから、その時にはどんな内容なら喜んでもらえるのか、これもかなり悩みます。いろんなことがありますが、まずはマナーを第一に相手への例を忘れずに準備をしましょう。そうすれば、角も立つことなく安心して結婚式に参加できます。

長崎の結婚式場の周辺は自然に恵まれています。開放感にも満ち溢れているのでとても感動します。プランのオリジナル性も高いので満足度も高まります。

2016年4月23日