さあどうする!?夫に結婚指輪をつけさせる方法

付けて欲しいな、結婚指輪

女性からの結婚指輪に関する悩みとして意外と多いのが、「せっかく二人で選んだのに夫が指輪をつけてくれない・・・」というもの。これに対して夫側の声としては「つけるのがめんどくさい。」「邪魔になる」というものが聞かれます。夫婦間で指輪に対する温度差があるのはなんとも寂しいものです。夫婦の証の一つとしての結婚指輪、せっかくならばつけてもらいたいですよね。そこでここでは、これから指輪選びをする人のために「夫が指輪をつけてくれる方法」を考えてみました。

夫が気に入る指輪を選ぶ!

結婚指輪選びはどうしても女性が主体になってしまうのではないでしょうか。男性は「君の気に入ったものでいいよ」「好きなものを選んで」と言ってしまいがち。これは男性の優しさでもあるのでしょう。しかし、この言葉通りに女性の好みをメインにした指輪を選んでしまうと、後々「夫がつけてくれない…」という事態に陥ってしまいがち。そこで「男性が気に入った指輪」をぜひ探してみてください。たくさんの指輪を見ていると、一つか二つは「これいいなあ…」と彼が気に入るものがあるはず。あなたがその指輪を気に入らない場合は、妥協案を探ってみてはいかがでしょうか。例えば、同じブランドの違うデザインにするなど、完璧にお揃いではない「ゆるリンク」も素敵です。また、値段面で妥協しないことも大切。男性は「高い買い物」に弱いという一面があります。数万円の違いならば、ぜひ彼も気に入った指輪を購入してみてください。ちょっと奮発したという意識が、指輪をつけないという事態を防ぐことになるかもしれません。

ちょいちょい褒めよう!

彼も気に入った指輪を購入した後は「ちょいちょい褒める」ことをお忘れなく。「やっぱりその指輪似合うよね」、「いい買い物したよね」など指輪自体だけでなくその指輪を選んだ自分を褒められると、彼も悪い気はしないはず。彼や自分の家族にも指輪を見せ、褒めてもらうとますます指輪に対する愛着が増しそうですね。その後の結婚生活の中でも、折に触れ指輪を褒めることを続けてみてください。結婚記念日などに「二人で選んだ指輪をつけてくれているのが嬉しい」と素直な気持ちを伝え続けることが、彼の「指輪離れ」を防ぐことにつながるはず!どうぞ素敵な結婚指輪ライフを送ってくださいね!

結婚指輪とは、結婚した男女がその証として左手薬指につけるペアリングのことです。基本的にははめたまま日常生活を送ります。

2016年4月23日